世界はまるで「監視資本主義」 横田や三沢、沖縄には監視設備も

  • 米空軍横田基地に駐留する無人偵察機グローバルホーク2機。旅客機の2倍の高度から遠隔操作で地上のデータを収集し、送信できる。在日米軍司令部がある横田基地では、2009年から2年間、スノーデン氏が勤務していた(撮影/溝越賢)

    米空軍横田基地に駐留する無人偵察機グローバルホーク2機。旅客機の2倍の高度から遠隔操作で地上のデータを収集し、送信できる。在日米軍司令部がある横田基地では、2009年から2年間、スノーデン氏が勤務していた(撮影/溝越賢)

  • インターネットを通じて筆者のインタビューに答えるスノーデン氏(写真:小笠原氏提供)

    インターネットを通じて筆者のインタビューに答えるスノーデン氏(写真:小笠原氏提供)

  • 小笠原みどり(おがさわら・みどり)/ジャーナリスト。1970年、横浜市生まれ。94年朝日新聞社入社、社会部記者として住基ネットや監視カメラ取材を牽引し、2004年退社。現在、カナダ・クイーンズ大学大学院博士課程に在籍し、識別技術と暴力の関係を研究。16年にNSAの内部告発者エドワード・スノーデン氏に単独インタビュー。著書に『スノーデン、監視社会の恐怖を語る』(毎日新聞出版)など(写真:本人提供)

    小笠原みどり(おがさわら・みどり)/ジャーナリスト。1970年、横浜市生まれ。94年朝日新聞社入社、社会部記者として住基ネットや監視カメラ取材を牽引し、2004年退社。現在、カナダ・クイーンズ大学大学院博士課程に在籍し、識別技術と暴力の関係を研究。16年にNSAの内部告発者エドワード・スノーデン氏に単独インタビュー。著書に『スノーデン、監視社会の恐怖を語る』(毎日新聞出版)など(写真:本人提供)

米空軍横田基地に駐留する無人偵察機グローバルホーク2機。旅客機の2倍の高度から遠隔操作で地上のデータを収集し、送信できる。在日米軍司令部がある横田基地では、2009年から2年間、スノーデン氏が勤務していた(撮影/溝越賢)
インターネットを通じて筆者のインタビューに答えるスノーデン氏(写真:小笠原氏提供)
小笠原みどり(おがさわら・みどり)/ジャーナリスト。1970年、横浜市生まれ。94年朝日新聞社入社、社会部記者として住基ネットや監視カメラ取材を牽引し、2004年退社。現在、カナダ・クイーンズ大学大学院博士課程に在籍し、識別技術と暴力の関係を研究。16年にNSAの内部告発者エドワード・スノーデン氏に単独インタビュー。著書に『スノーデン、監視社会の恐怖を語る』(毎日新聞出版)など(写真:本人提供)

あわせて読みたい

  • オリバー・ストーン監督が喝破する「日本は米国の“人質”」

    オリバー・ストーン監督が喝破する「日本は米国の“人質”」

    AERA

    2/5

    日本中の通信はすべて傍受可能? NSAの実力とは

    日本中の通信はすべて傍受可能? NSAの実力とは

    TPP

    週刊朝日

    7/5

  • 「戦争を阻止しなければ」 キーラ・ナイトレイが語る内部告発者となった女性の勇気

    「戦争を阻止しなければ」 キーラ・ナイトレイが語る内部告発者となった女性の勇気

    AERA

    6/2

    日本は“超監視社会”に? SNSの発言で危険人物扱いも

    日本は“超監視社会”に? SNSの発言で危険人物扱いも

    週刊朝日

    6/10

  • スノーデン 独白 消せない記録

    スノーデン 独白 消せない記録

    週刊朝日

    1/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す