写真・図版 | DNA親子鑑定急増、依頼の半数が「夫の子ではない」 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

DNA親子鑑定急増、依頼の半数が「夫の子ではない」  1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊ダイヤモンド編集部ダイヤモンド・オンライン#出産と子育て

親子でないと鑑定される中で「多いのは、いわゆる“できちゃった結婚”」。複数の男性と付き合う過程で子どもができ、結婚したものの誰の子どもなのか分からないというケースだ(※写真はイメージ)

親子でないと鑑定される中で「多いのは、いわゆる“できちゃった結婚”」。複数の男性と付き合う過程で子どもができ、結婚したものの誰の子どもなのか分からないというケースだ(※写真はイメージ)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加