写真・図版 | 3割は予想外のものを… 「死の体験旅行」でわかる最後に自分が残すもの〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

3割は予想外のものを… 「死の体験旅行」でわかる最後に自分が残すもの 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
小野ヒデコAERA#終活

倶生山なごみ庵 住職・浦上哲也さん(44)/一般家庭に育ち、25歳で僧侶に。横浜市で寺院「なごみ庵」を設立。1回完結型の「死の体験旅行」を企画・運営している(撮影/編集部・小野ヒデコ)

倶生山なごみ庵 住職・浦上哲也さん(44)/一般家庭に育ち、25歳で僧侶に。横浜市で寺院「なごみ庵」を設立。1回完結型の「死の体験旅行」を企画・運営している(撮影/編集部・小野ヒデコ)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加