写真・図版 | 「芸術で食べていける仕組みをつくる!」現代美術家・椿昇が力を注ぐ若手アーティストを育てる取り組みとは?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

「芸術で食べていける仕組みをつくる!」現代美術家・椿昇が力を注ぐ若手アーティストを育てる取り組みとは? 3/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
近藤雄生AERA

退蔵院方丈襖絵プロジェクトの絵師・村林由貴さんは、2011年4月から妙心寺で生活をし、600年の歴史を誇る退蔵院の本堂の襖絵64面の完成を目指している(撮影/吉田亮人)

退蔵院方丈襖絵プロジェクトの絵師・村林由貴さんは、2011年4月から妙心寺で生活をし、600年の歴史を誇る退蔵院の本堂の襖絵64面の完成を目指している(撮影/吉田亮人)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加