写真・図版 | 2040年には「死に場所難民」が続出! 在宅医療現場の現実〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2040年には「死に場所難民」が続出! 在宅医療現場の現実 

田茂井治AERA#シニア#介護を考える#終活

医療法人社団悠翔会理事長 佐々木 淳さん/三井記念病院などを経て、2006年に訪問診療専門クリニックを開設。現在の患者数は3500人を数える(撮影/田茂井治)

医療法人社団悠翔会理事長 佐々木 淳さん/三井記念病院などを経て、2006年に訪問診療専門クリニックを開設。現在の患者数は3500人を数える(撮影/田茂井治)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい