「難治がん」と闘う新聞記者が小池百合子から考える、若者に伝えたい投票の心得

連載「書かずに死ねるか――『難治がん』と闘う記者」

  • 野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

    野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

  • 今回の選挙はとても大切だと思うから、伝えておきたい…(※イメージ写真)

    今回の選挙はとても大切だと思うから、伝えておきたい…(※イメージ写真)

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中
今回の選挙はとても大切だと思うから、伝えておきたい…(※イメージ写真)

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す