写真・図版 | 苦境の大塚家具 創業者の父が娘、久美子社長にアドバイス「今なら間に合う」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

苦境の大塚家具 創業者の父が娘、久美子社長にアドバイス「今なら間に合う」 1/4

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#企業

大塚勝久(おおつか・かつひさ)/1943年、桐だんすの産地として有名な埼玉県春日部市の桐だんす職人の息子として生まれる。10代のころから父の店を手伝い、69年、社員24人の株式会社大塚家具センターを設立。15年7月には匠大塚株式会社を立ち上げた(撮影・多田敏男)

大塚勝久(おおつか・かつひさ)/1943年、桐だんすの産地として有名な埼玉県春日部市の桐だんす職人の息子として生まれる。10代のころから父の店を手伝い、69年、社員24人の株式会社大塚家具センターを設立。15年7月には匠大塚株式会社を立ち上げた(撮影・多田敏男)

[ビジネスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい