弔いだってデジタル化 四十九日まではロボットで一緒に

  • 市原さんのお面をつけたデジタルシャーマン(左)。アート作品として、文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞している(撮影/編集部・長倉克枝)

    市原さんのお面をつけたデジタルシャーマン(左)。アート作品として、文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞している(撮影/編集部・長倉克枝)

  • メディアアーティスト・妄想監督 市原えつこさん(29)/日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作(撮影/吉次史成)

    メディアアーティスト・妄想監督 市原えつこさん(29)/日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作(撮影/吉次史成)

  • 自宅を離れて施設で暮らす高齢女性に、亡くなった夫を「デジタル供養」してもらったところ、「いつでも夫に会えるような気がする」(写真:瓜生さん提供)

    自宅を離れて施設で暮らす高齢女性に、亡くなった夫を「デジタル供養」してもらったところ、「いつでも夫に会えるような気がする」(写真:瓜生さん提供)

  • 東洋大学 ライフデザイン学部助教 瓜生大輔さん(33)/日本宗教学会などで学術研究発表を行う傍ら、供養や追悼のための商品企画・デザインに携わる(撮影/編集部・長倉克枝)

    東洋大学 ライフデザイン学部助教 瓜生大輔さん(33)/日本宗教学会などで学術研究発表を行う傍ら、供養や追悼のための商品企画・デザインに携わる(撮影/編集部・長倉克枝)

  • 関連記事

    • スマホはプロもお手上げ…負債を抱えない「デジタル遺品」整理

      スマホはプロもお手上げ…負債を抱えない「デジタル遺品」整理

    • 23区の死者は“火葬場ラッシュ”に合う…「弔い」の地域差

      23区の死者は“火葬場ラッシュ”に合う…「弔い」の地域差

    • 「デジタル終活」の悲劇…長年の浮気が発覚した!!

      「デジタル終活」の悲劇…長年の浮気が発覚した!!

    写真の記事を読む
市原さんのお面をつけたデジタルシャーマン(左)。アート作品として、文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞している(撮影/編集部・長倉克枝)
メディアアーティスト・妄想監督 市原えつこさん(29)/日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作(撮影/吉次史成)
自宅を離れて施設で暮らす高齢女性に、亡くなった夫を「デジタル供養」してもらったところ、「いつでも夫に会えるような気がする」(写真:瓜生さん提供)
東洋大学 ライフデザイン学部助教 瓜生大輔さん(33)/日本宗教学会などで学術研究発表を行う傍ら、供養や追悼のための商品企画・デザインに携わる(撮影/編集部・長倉克枝)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 明日で2017年がスタート100日!今年の目標を再確認しましょう

    明日で2017年がスタート100日!今年の目標を再確認しましょう

    tenki.jp

    4/9

    人間の葬式より手厚く盛大に… 「猫寺」が行うペット供養の現在

    人間の葬式より手厚く盛大に… 「猫寺」が行うペット供養の現在

    dot.

    10/28

  • きっかけは「臓器移植」 AIBOだけでなくルンバも…ペットロボット葬

    きっかけは「臓器移植」 AIBOだけでなくルンバも…ペットロボット葬

    dot.

    11/2

    葬儀をYouTubeで配信、ペッパーが読経…ITは「罰当たり」の壁を突破できるか

    葬儀をYouTubeで配信、ペッパーが読経…ITは「罰当たり」の壁を突破できるか

    AERA

    8/15

  • 五輪招致プレゼンテーション前日に妻が余命宣告 猪瀬知事「つらかった」

    五輪招致プレゼンテーション前日に妻が余命宣告 猪瀬知事「つらかった」

    週刊朝日

    10/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す