“争続”の原因で圧倒的に多いのは… 税理士座談会

  • 2015年の相続税法改正で課税対象者が1.8倍に増加。少子化で相続人が減った影響もあり、養子縁組で相続税対策を行う人が増えているという(写真部・片山菜緒子)

    2015年の相続税法改正で課税対象者が1.8倍に増加。少子化で相続人が減った影響もあり、養子縁組で相続税対策を行う人が増えているという(写真部・片山菜緒子)

  • 税理士法人チェスター 代表税理士 福留正明さん(36)/「相続税専門」を謳う税理士法人。昨年の相続税申告件数は706件。今年は1千件を超える見込み。その申告件数は、業界トップクラス(撮影/田茂井治)

    税理士法人チェスター 代表税理士 福留正明さん(36)/「相続税専門」を謳う税理士法人。昨年の相続税申告件数は706件。今年は1千件を超える見込み。その申告件数は、業界トップクラス(撮影/田茂井治)

  • フジ相続税理士法人 代表社員 高原誠さん(39)/国内でいち早く「土地評価見直しによる相続税還付請求」を業務化した税理士法人。グループ内に多数の不動産鑑定士も在籍(撮影/田茂井治)

    フジ相続税理士法人 代表社員 高原誠さん(39)/国内でいち早く「土地評価見直しによる相続税還付請求」を業務化した税理士法人。グループ内に多数の不動産鑑定士も在籍(撮影/田茂井治)

  • T&T税理士法人 代表税理士 寺町努さん(48)/年間300件超、累計1千件超の相続税申告を行ってきた相続に強い税理士法人。資産10億円以上の資産家の相続対策を多数行う(撮影/田茂井治)

    T&T税理士法人 代表税理士 寺町努さん(48)/年間300件超、累計1千件超の相続税申告を行ってきた相続に強い税理士法人。資産10億円以上の資産家の相続対策を多数行う(撮影/田茂井治)

  • 関連記事

    • プロが教える相続で損しない裏ワザ4つ 生保活用→非課税枠1人500万円も

      プロが教える相続で損しない裏ワザ4つ 生保活用→非課税枠1人500万円も

    • 相続税、払いすぎでは? 土地評価の見直しで減税・還付の対象に

      相続税、払いすぎでは? 土地評価の見直しで減税・還付の対象に

    • 実子は50代なのに20代の孫を「子」にして節税する荒業

      実子は50代なのに20代の孫を「子」にして節税する荒業

    写真の記事を読む
2015年の相続税法改正で課税対象者が1.8倍に増加。少子化で相続人が減った影響もあり、養子縁組で相続税対策を行う人が増えているという(写真部・片山菜緒子)
税理士法人チェスター 代表税理士 福留正明さん(36)/「相続税専門」を謳う税理士法人。昨年の相続税申告件数は706件。今年は1千件を超える見込み。その申告件数は、業界トップクラス(撮影/田茂井治)
フジ相続税理士法人 代表社員 高原誠さん(39)/国内でいち早く「土地評価見直しによる相続税還付請求」を業務化した税理士法人。グループ内に多数の不動産鑑定士も在籍(撮影/田茂井治)
T&T税理士法人 代表税理士 寺町努さん(48)/年間300件超、累計1千件超の相続税申告を行ってきた相続に強い税理士法人。資産10億円以上の資産家の相続対策を多数行う(撮影/田茂井治)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 専門家は10人に1人? 税理士選び失敗で2億円の損

    専門家は10人に1人? 税理士選び失敗で2億円の損

    AERA

    1/25

    相続による「争族」を防ぐ! 専門家が作成「家族会議チェックリスト」

    相続による「争族」を防ぐ! 専門家が作成「家族会議チェックリスト」

    AERA

    12/24

  • 相続税の平均額は1714万円 節税対策を進めるときの大原則は?

    相続税の平均額は1714万円 節税対策を進めるときの大原則は?

    週刊朝日

    11/16

    ああ、相続で“仁義なき戦い” 税務調査に打ち勝つ10の掟

    ああ、相続で“仁義なき戦い” 税務調査に打ち勝つ10の掟

    週刊朝日

    5/18

  • 子が1000万円以上損したケースも 配偶者相続に潜む“落とし穴”

    子が1000万円以上損したケースも 配偶者相続に潜む“落とし穴”

    週刊朝日

    3/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す