写真・図版 | 吉田類、“本当は下戸説” 本人が真相を明かす!〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉田類、“本当は下戸説” 本人が真相を明かす! 

酒場詩人・エッセイスト 吉田類(よしだ・るい)/1949年、高知県生まれ。20代で渡仏し、シュール・アートの画家としてパリを拠点に活動。90年代からはイラストレーター、エッセイストに。酒場や旅をテーマにした執筆活動を行うかたわら、俳句愛好会「舟」を主宰。2003年から「吉田類の酒場放浪記」(BS-TBS)が放送開始。『酒場詩人の流儀』(中公新書)など著書多数。15年のドラマ「下町ロケット」(TBS系)で俳優デビューも果たし、6月10日には主演映画「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」の公開が控える(撮影/写真部・大野洋介)

酒場詩人・エッセイスト 吉田類(よしだ・るい)/1949年、高知県生まれ。20代で渡仏し、シュール・アートの画家としてパリを拠点に活動。90年代からはイラストレーター、エッセイストに。酒場や旅をテーマにした執筆活動を行うかたわら、俳句愛好会「舟」を主宰。2003年から「吉田類の酒場放浪記」(BS-TBS)が放送開始。『酒場詩人の流儀』(中公新書)など著書多数。15年のドラマ「下町ロケット」(TBS系)で俳優デビューも果たし、6月10日には主演映画「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」の公開が控える(撮影/写真部・大野洋介)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい