樹木希林「生きるも死ぬも、面白がらなきゃやってられない」(後編)

  • 樹木希林(きき・きりん)/1943年、東京都生まれ。61年、文学座に入り、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」などで一躍人気者に。近年は映画に軸を移し「わが母の記」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞。2008年、紫綬褒章、14年、旭日小綬章(撮影/石田かおる)

    樹木希林(きき・きりん)/1943年、東京都生まれ。61年、文学座に入り、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」などで一躍人気者に。近年は映画に軸を移し「わが母の記」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞。2008年、紫綬褒章、14年、旭日小綬章(撮影/石田かおる)

  • 「死ぬときぐらい好きにさせてよ」のコピーが社会的な反響を呼んだ、2016年の宝島社の企業広告。名画「オフィーリア」がモチーフ。朝日広告賞などを受賞(宝島社提供)

    「死ぬときぐらい好きにさせてよ」のコピーが社会的な反響を呼んだ、2016年の宝島社の企業広告。名画「オフィーリア」がモチーフ。朝日広告賞などを受賞(宝島社提供)

樹木希林(きき・きりん)/1943年、東京都生まれ。61年、文学座に入り、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」などで一躍人気者に。近年は映画に軸を移し「わが母の記」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞。2008年、紫綬褒章、14年、旭日小綬章(撮影/石田かおる)
「死ぬときぐらい好きにさせてよ」のコピーが社会的な反響を呼んだ、2016年の宝島社の企業広告。名画「オフィーリア」がモチーフ。朝日広告賞などを受賞(宝島社提供)

あわせて読みたい

  • 樹木希林さん死去 「生きるも死ぬも、面白がらなきゃやってられない」生前、死生観を語る 【後編】

    樹木希林さん死去 「生きるも死ぬも、面白がらなきゃやってられない」生前、死生観を語る 【後編】

    AERA

    9/16

    樹木希林さんが最期に夫へ「これだけは言ってやりたい」と思っていたのは?

    樹木希林さんが最期に夫へ「これだけは言ってやりたい」と思っていたのは?

    週刊朝日

    5/5

  • 樹木希林さん死去 AERAに明かした「ヌードより恥ずかしい姿」で見せた女優魂

    樹木希林さん死去 AERAに明かした「ヌードより恥ずかしい姿」で見せた女優魂

    AERA

    9/16

    母・樹木希林から受け継いだ言葉術” 内田也哉子が語る「言葉は音楽」

    母・樹木希林から受け継いだ言葉術” 内田也哉子が語る「言葉は音楽」

    AERA

    10/13

  • 安室奈美恵と樹木希林の共通点 カンニング竹山「素敵な生き様に考えさせられた」
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    安室奈美恵と樹木希林の共通点 カンニング竹山「素敵な生き様に考えさせられた」

    dot.

    9/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す