写真・図版 | 映画プロデューサー・川村元気が明かした“作家”としての創作術〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映画プロデューサー・川村元気が明かした“作家”としての創作術 

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画プロデューサー、作家 川村元気(かわむら・げんき)/1979年、横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。2005年、映画「電車男」を企画・プロデュース。以後、「告白」「悪人」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」「寄生獣」「バケモノの子」「バクマン。」「君の名は。」「怒り」「何者」などの映画を製作。11年に優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年、小説『世界から猫が消えたなら』で作家デビュー。著書に、『億男』『仕事。』『理系に学ぶ。』『超企画会議』など。最新小説『四月になれば彼女は』(文藝春秋)が発売中(撮影/写真部・小原雄輝)

映画プロデューサー、作家 川村元気(かわむら・げんき)/1979年、横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。2005年、映画「電車男」を企画・プロデュース。以後、「告白」「悪人」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」「寄生獣」「バケモノの子」「バクマン。」「君の名は。」「怒り」「何者」などの映画を製作。11年に優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年、小説『世界から猫が消えたなら』で作家デビュー。著書に、『億男』『仕事。』『理系に学ぶ。』『超企画会議』など。最新小説『四月になれば彼女は』(文藝春秋)が発売中(撮影/写真部・小原雄輝)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい