写真・図版 | 梅沢富美男 クレームきてもミヤネ屋に出続ける理由〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅沢富美男 クレームきてもミヤネ屋に出続ける理由 

このエントリーをはてなブックマークに追加

梅沢富美男(うめざわ・とみお)/1950年、福島県生まれ。中学卒業後、兄・武生が座長を務める「梅沢武生劇団」に入団。女形に転身後、その美しさが評判となり、「下町の玉三郎」と呼ばれて人気を博す。82年、「夢芝居」が大ヒット、翌年紅白歌合戦にも出場した。2012年、兄の武生から劇団を引き継ぎ、「梅沢富美男劇団」の座長兼看板スターに。全国ツアー「梅沢富美男&研ナオコ『アッ!とおどろく夢芝居』」を開催中。(撮影/写真部・堀内慶太郎)

梅沢富美男(うめざわ・とみお)/1950年、福島県生まれ。中学卒業後、兄・武生が座長を務める「梅沢武生劇団」に入団。女形に転身後、その美しさが評判となり、「下町の玉三郎」と呼ばれて人気を博す。82年、「夢芝居」が大ヒット、翌年紅白歌合戦にも出場した。2012年、兄の武生から劇団を引き継ぎ、「梅沢富美男劇団」の座長兼看板スターに。全国ツアー「梅沢富美男&研ナオコ『アッ!とおどろく夢芝居』」を開催中。(撮影/写真部・堀内慶太郎)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい