写真・図版 | 一味も二味も違う「ミヤネ屋」の局弁 山田美保子が指摘〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一味も二味も違う「ミヤネ屋」の局弁 山田美保子が指摘 

このエントリーをはてなブックマークに追加

本文で紹介した局弁とは違うが、それにもっとも近い商品は「四季日替り弁当」。出汁巻、炊き合わせ、焼き物、和え物など旬の素材を使い、その日によっておかずの内容が変わる。白ご飯の場合は972円(税込み)。季節ご飯(3月は豆ご飯)もしくは、しそじゃこご飯の場合は1296円(同)。「道頓堀 今井」直営のテイクアウト店(大丸心斎橋店、大丸大阪梅田店、大丸芦屋店、近鉄上本町店、あべのハルカス店、髙島屋大阪店、泉北タカシマヤ店)で販売。消費期限が当日限りのため、地方発送はしていない。

本文で紹介した局弁とは違うが、それにもっとも近い商品は「四季日替り弁当」。出汁巻、炊き合わせ、焼き物、和え物など旬の素材を使い、その日によっておかずの内容が変わる。白ご飯の場合は972円(税込み)。季節ご飯(3月は豆ご飯)もしくは、しそじゃこご飯の場合は1296円(同)。「道頓堀 今井」直営のテイクアウト店(大丸心斎橋店、大丸大阪梅田店、大丸芦屋店、近鉄上本町店、あべのハルカス店、髙島屋大阪店、泉北タカシマヤ店)で販売。消費期限が当日限りのため、地方発送はしていない。

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい