写真・図版 | 元内閣官房副長官補・柳澤協二が語る安保法制「自衛隊は殺人罪に問われる可能性」〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元内閣官房副長官補・柳澤協二が語る安保法制「自衛隊は殺人罪に問われる可能性」 1/3

野村昌二AERA#安保法制

安全保障関連法が成立して1年。南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣する部隊に新たな任務「駆けつけ警護」が付与されたことで、自衛隊が武力行使に至る機会が間近に迫っている/11月7日、航空自衛隊那覇基地で(撮影/写真部・東川哲也)

安全保障関連法が成立して1年。南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣する部隊に新たな任務「駆けつけ警護」が付与されたことで、自衛隊が武力行使に至る機会が間近に迫っている/11月7日、航空自衛隊那覇基地で(撮影/写真部・東川哲也)

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい