写真・図版 | 横浜・患者連続死事件で“凶器”となった「界面活性剤」の殺傷力とは?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

横浜・患者連続死事件で“凶器”となった「界面活性剤」の殺傷力とは? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
編集部・山口亮子AERA#病院

事件が起きた横浜市神奈川区の大口病院。入院患者の中には重篤な症状の高齢者も多い。今年4月以降、看護師の服が切り裂かれるなどトラブルも相次いでいた (c)朝日新聞社

事件が起きた横浜市神奈川区の大口病院。入院患者の中には重篤な症状の高齢者も多い。今年4月以降、看護師の服が切り裂かれるなどトラブルも相次いでいた (c)朝日新聞社

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい