写真・図版 | 中村吉右衛門 5代にわたって愛する“戦後の洋食”〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中村吉右衛門 5代にわたって愛する“戦後の洋食” 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1931年、当時の料理長・高石鍈之助氏が宮中晩餐会の料理を見て、開発、導入した歴史あるメニュー。普通のコロッケとは異なりイモは使わず、つなぎはべシャメルソース。180度の油で2分揚げた後にオーブンで5分焼くことで、表面をカリッとさせている。2470円(税込み。別途サービス料10%要)(撮影/写真部・松永卓也)

1931年、当時の料理長・高石鍈之助氏が宮中晩餐会の料理を見て、開発、導入した歴史あるメニュー。普通のコロッケとは異なりイモは使わず、つなぎはべシャメルソース。180度の油で2分揚げた後にオーブンで5分焼くことで、表面をカリッとさせている。2470円(税込み。別途サービス料10%要)(撮影/写真部・松永卓也)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加