写真・図版 | 海上保安庁が初めて実測した南海トラフの「ひずみ」 今後の地震研究に期待?〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

海上保安庁が初めて実測した南海トラフの「ひずみ」 今後の地震研究に期待? 

このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町宮園地区には、布田川断層帯から枝分かれした細かい断層が多数存在する。この地区では半数以上の家屋が倒壊していた(42枚をつなぎ合わせた360度パノラマ写真の一部) (c)朝日新聞社

熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町宮園地区には、布田川断層帯から枝分かれした細かい断層が多数存在する。この地区では半数以上の家屋が倒壊していた(42枚をつなぎ合わせた360度パノラマ写真の一部) (c)朝日新聞社

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい