[連載]アサヒカメラの90年 第7回

復刊――「Q」の時代

  • 1949年10月号表紙。編集長・津村秀夫の采配で木村伊兵衛が新人女優の角梨枝子を撮影した

    1949年10月号表紙。編集長・津村秀夫の采配で木村伊兵衛が新人女優の角梨枝子を撮影した

  • 1950年1月号から。濱谷浩「孤独に生きる 高村光太郎氏」

    1950年1月号から。濱谷浩「孤独に生きる 高村光太郎氏」

  • 1953年5月号から 大竹省二「コルトー氏」

    1953年5月号から 大竹省二「コルトー氏」

  • 1952年5月号から。現代の感情(1) 吉岡専造「傍聴席」

    1952年5月号から。現代の感情(1) 吉岡専造「傍聴席」

  • 1950年9月号から。吉岡専造「闘魂」

    1950年9月号から。吉岡専造「闘魂」

  • 1949年12月号から。「海外有名作家紹介(1) ベルニス・アボット」。当時のフォトジャーナリズムの動向を伝えている

    1949年12月号から。「海外有名作家紹介(1) ベルニス・アボット」。当時のフォトジャーナリズムの動向を伝えている

  • 1952年8月号から。「バークホワイト女史にものをきく 座談会」。木村、土門、伊奈、三木らが出席

    1952年8月号から。「バークホワイト女史にものをきく 座談会」。木村、土門、伊奈、三木らが出席

  • 1952年12月号から。「写真のリアリズムについて 座談会」。写真家のほか長谷川如是閑らも出席

    1952年12月号から。「写真のリアリズムについて 座談会」。写真家のほか長谷川如是閑らも出席

  • 関連記事

    写真の記事を読む
1949年10月号表紙。編集長・津村秀夫の采配で木村伊兵衛が新人女優の角梨枝子を撮影した
1950年1月号から。濱谷浩「孤独に生きる 高村光太郎氏」
1953年5月号から 大竹省二「コルトー氏」
1952年5月号から。現代の感情(1) 吉岡専造「傍聴席」
1950年9月号から。吉岡専造「闘魂」
1949年12月号から。「海外有名作家紹介(1) ベルニス・アボット」。当時のフォトジャーナリズムの動向を伝えている
1952年8月号から。「バークホワイト女史にものをきく 座談会」。木村、土門、伊奈、三木らが出席
1952年12月号から。「写真のリアリズムについて 座談会」。写真家のほか長谷川如是閑らも出席
関連記事を見る

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す