箕島-星稜戦の“隠し球”見抜く 甲子園の名解説・達摩省一氏が死去

  • 1979年夏の箕島-星稜戦で三塁塁審を務めた達摩さん。延長十四回に、「隠し玉」で箕島の走者がアウトになったプレーをジャッジした (c)朝日新聞社

    1979年夏の箕島-星稜戦で三塁塁審を務めた達摩さん。延長十四回に、「隠し玉」で箕島の走者がアウトになったプレーをジャッジした (c)朝日新聞社

1979年夏の箕島-星稜戦で三塁塁審を務めた達摩さん。延長十四回に、「隠し玉」で箕島の走者がアウトになったプレーをジャッジした (c)朝日新聞社

あわせて読みたい

  • 「四十八願」ってなんて読む? 夏の甲子園に現れた“珍姓球児”たち

    「四十八願」ってなんて読む? 夏の甲子園に現れた“珍姓球児”たち

    dot.

    8/10

    松井秀喜は大河ドラマ・甲子園に欠かせない千両役者だった

    松井秀喜は大河ドラマ・甲子園に欠かせない千両役者だった

    週刊朝日

    8/5

  • 甲子園トリビア13選 “珍風景”“前人未到の記録”とは?

    甲子園トリビア13選 “珍風景”“前人未到の記録”とは?

    週刊朝日

    8/5

    握手する?しない?センバツで巻き起こった握手論争、高野連の見解は?

    握手する?しない?センバツで巻き起こった握手論争、高野連の見解は?

    AERA

    4/18

  • 佐々木も西も手ぐすね 甲子園で戦った「令和の怪物」たち、次なる舞台はU-18W杯

    佐々木も西も手ぐすね 甲子園で戦った「令和の怪物」たち、次なる舞台はU-18W杯

    AERA

    8/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す