写真・図版 | “新国立競技場”の建築家・隈研吾「オリンピックと“復興”はパラレルな存在」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“新国立競技場”の建築家・隈研吾「オリンピックと“復興”はパラレルな存在」 

このエントリーをはてなブックマークに追加

浅草文化観光センター浅草・雷門前にある観光案内施設。「雷門はいわば平屋建て。目の前に高さ38メートルの建物をばーんと建てるのではなく、小さな木造平屋建築を垂直に重ねることで、雷門に近いスケール感覚にしたかった」〔東京都台東区、2012年〕(撮影/岡田晃奈)

浅草文化観光センター
浅草・雷門前にある観光案内施設。「雷門はいわば平屋建て。目の前に高さ38メートルの建物をばーんと建てるのではなく、小さな木造平屋建築を垂直に重ねることで、雷門に近いスケール感覚にしたかった」〔東京都台東区、2012年〕
(撮影/岡田晃奈)

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい