写真・図版 | 胃がんになりやすい日本人が気をつけるべき習慣――がん研有明病院・山口俊晴病院長に聞く〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

胃がんになりやすい日本人が気をつけるべき習慣――がん研有明病院・山口俊晴病院長に聞く 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加

山口俊晴(やまぐち・としはる)がん研有明病院病院長。 1973年京都府立医科大学卒、アメリカテキサス大学ヒューストン校留学、95年に京都府立医科大学助教授に。2001年財団法人癌研究会付属病院消化器外科部長を経て、2005年同病院消化器センター長。2008年癌研究会有明病院副院長を経て、2015年7月より現職。

山口俊晴(やまぐち・としはる)
がん研有明病院病院長。 1973年京都府立医科大学卒、アメリカテキサス大学ヒューストン校留学、95年に京都府立医科大学助教授に。2001年財団法人癌研究会付属病院消化器外科部長を経て、2005年同病院消化器センター長。2008年癌研究会有明病院副院長を経て、2015年7月より現職。

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい