写真・図版 | DV当事者の特徴 加害者「自分は被害者」と主張〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

DV当事者の特徴 加害者「自分は被害者」と主張 

AERA#男と女#結婚

日々の会話を通して劣等感や罪悪感を植えつけられた被害者の多くが、「消えてしまいたい」という感情を抱くをいう。密室で事態は進む(撮影/写真部・大嶋千尋)

日々の会話を通して劣等感や罪悪感を植えつけられた被害者の多くが、「消えてしまいたい」という感情を抱くをいう。密室で事態は進む(撮影/写真部・大嶋千尋)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい