信仰が息づく奇跡の島々 長崎・五島列島

  • 黒島教会 [黒島]
明治35年創建。フランス人のマルマン神父が設計、指導をし、信徒の献金と労働奉仕で建てられた。40万個のレンガを使用している。「林のようにしたい」という神父の考えで、室内は木が多用されている。ステンドグラスは当時のまま(佐世保市黒島町3333)(撮影/写真部・松永卓也)

    黒島教会 [黒島] 明治35年創建。フランス人のマルマン神父が設計、指導をし、信徒の献金と労働奉仕で建てられた。40万個のレンガを使用している。「林のようにしたい」という神父の考えで、室内は木が多用されている。ステンドグラスは当時のまま(佐世保市黒島町3333)(撮影/写真部・松永卓也)

  • 処刑前日のキリシタン家族3人を助けた漁師は、この野崎島に3人を運んだ。その岩場を見る筆者(撮影/写真部・松永卓也)

    処刑前日のキリシタン家族3人を助けた漁師は、この野崎島に3人を運んだ。その岩場を見る筆者(撮影/写真部・松永卓也)

黒島教会 [黒島]
明治35年創建。フランス人のマルマン神父が設計、指導をし、信徒の献金と労働奉仕で建てられた。40万個のレンガを使用している。「林のようにしたい」という神父の考えで、室内は木が多用されている。ステンドグラスは当時のまま(佐世保市黒島町3333)(撮影/写真部・松永卓也)
処刑前日のキリシタン家族3人を助けた漁師は、この野崎島に3人を運んだ。その岩場を見る筆者(撮影/写真部・松永卓也)

あわせて読みたい

  • カクレキリシタン

    カクレキリシタン

    週刊朝日

    5/30

    「潜伏キリシタン」と「かくれキリシタン」何が違う? そこに世界遺産登録の理由が…

    「潜伏キリシタン」と「かくれキリシタン」何が違う? そこに世界遺産登録の理由が…

    dot.

    7/22

  • 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界文化遺産登録へ!その壮絶な弾圧の歴史とは

    「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界文化遺産登録へ!その壮絶な弾圧の歴史とは

    tenki.jp

    5/13

    「海が血で赤く染まった」 弾圧されても信仰を続け、今なお「かくれキリシタン」残る島の実態

    「海が血で赤く染まった」 弾圧されても信仰を続け、今なお「かくれキリシタン」残る島の実態

    AERA

    9/30

  • 「海」という視点でとらえた世界の縮図のような宗教世界 写真家・田川基成

    「海」という視点でとらえた世界の縮図のような宗教世界 写真家・田川基成

    dot.

    11/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す