写真・図版 | 未だに「白い巨塔」の世界 医局の「三つの病巣」とは〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

未だに「白い巨塔」の世界 医局の「三つの病巣」とは 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

東京大学医学部附属病院。1858年、神田お玉ケ池種痘所の設立から始まった。1日平均3千人以上の外来患者が訪れる(撮影/写真部・松永卓也)

東京大学医学部附属病院。1858年、神田お玉ケ池種痘所の設立から始まった。1日平均3千人以上の外来患者が訪れる(撮影/写真部・松永卓也)

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい