写真・図版 | 甲子園 直木賞作家・木内昇が推す逸材〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

甲子園 直木賞作家・木内昇が推す逸材 

このエントリーをはてなブックマークに追加

木内昇(きうち・のぼり)直木賞作家。1967年、東京都生まれ。代表作に『漂砂のうたう』『櫛挽道守』。高校、大学とソフトボール部で鳴らした野球通。明治期の一高野球部が舞台の「球道恋々」を現在、小説新潮に連載中(撮影/写真部・松永卓也)

木内昇(きうち・のぼり)
直木賞作家。1967年、東京都生まれ。代表作に『漂砂のうたう』『櫛挽道守』。高校、大学とソフトボール部で鳴らした野球通。明治期の一高野球部が舞台の「球道恋々」を現在、小説新潮に連載中(撮影/写真部・松永卓也)

[スポーツの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい