写真・図版 | 「局長級」「次官級」…岸田外相が語る外交協議の“相場観”とは?〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「局長級」「次官級」…岸田外相が語る外交協議の“相場観”とは? 1/2

週刊朝日

岸田文雄(きしだ・ふみお)1957年、東京都生まれ。82年、早稲田大学法学部卒業、日本長期信用銀行入社。87年に退社し、父・岸田文武衆院議員の秘書に。93年、自民党公認で広島1区から衆院議員に初当選。以後、7回連続当選。2007年、第1次安倍改造内閣の内閣府特命担当大臣(沖縄担当など)で初入閣。初代消費者行政推進担当大臣として消費者庁新設の土台を作る。11年、自民党国会対策委員長。12年、第2次安倍内閣で外務大臣。同年から自民党宏池会会長も務める。(撮影/写真部・大嶋千尋)

岸田文雄(きしだ・ふみお)
1957年、東京都生まれ。82年、早稲田大学法学部卒業、日本長期信用銀行入社。87年に退社し、父・岸田文武衆院議員の秘書に。93年、自民党公認で広島1区から衆院議員に初当選。以後、7回連続当選。2007年、第1次安倍改造内閣の内閣府特命担当大臣(沖縄担当など)で初入閣。初代消費者行政推進担当大臣として消費者庁新設の土台を作る。11年、自民党国会対策委員長。12年、第2次安倍内閣で外務大臣。同年から自民党宏池会会長も務める。(撮影/写真部・大嶋千尋)

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい