写真・図版 | 山田太一 父が残した「すごくリアリティーのある言葉」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田太一 父が残した「すごくリアリティーのある言葉」 2/2

週刊朝日

脚本家山田太一(79)やまだ・たいち/1934年生まれ。58年、早稲田大学卒業。同年、松竹大船撮影所の助監督に。65年、脚本家として独立し、数々の賞を受賞。主な作品に「ふぞろいの林檎たち」など。近著に『月日の残像』(撮影/写真部・植田真紗美)

脚本家
山田太一(79)

やまだ・たいち/1934年生まれ。58年、早稲田大学卒業。同年、松竹大船撮影所の助監督に。65年、脚本家として独立し、数々の賞を受賞。主な作品に「ふぞろいの林檎たち」など。近著に『月日の残像』(撮影/写真部・植田真紗美)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい