写真・図版 | 教授が「究極の個人情報」を公開 自ら学生の「教材」に〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

教授が「究極の個人情報」を公開 自ら学生の「教材」に 1/3

AERA

患者の全ゲノム情報を「翻訳・解釈」して医療の場に戻すことは現実になった/撮影協力:国立がん研究センター(撮影/伊ケ崎忍)

患者の全ゲノム情報を「翻訳・解釈」して医療の場に戻すことは現実になった/撮影協力:国立がん研究センター(撮影/伊ケ崎忍)

[ビジネスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい