写真・図版 | 「救いたかった患者さんがたくさんいる」がん治療の医師たちが代替医療を全否定しない理由〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「救いたかった患者さんがたくさんいる」がん治療の医師たちが代替医療を全否定しない理由 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
白石圭dot.#がん#ヘルス#病気#病院

大塚篤司医師 京都大学大学院特定准教授。ニュースサイト「AERA dot.」や京都新聞の連載などで執筆。著書に『心にしみる皮膚の話』(朝日新聞出版)など。(撮影/倉田貴志)

大塚篤司医師 京都大学大学院特定准教授。ニュースサイト「AERA dot.」や京都新聞の連載などで執筆。著書に『心にしみる皮膚の話』(朝日新聞出版)など。(撮影/倉田貴志)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい