内田樹「次に何をするかわからないトランプ大統領のマッドマン・セオリー」

  • 内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

    内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

  • ※写真はイメージ(gettyimages)

    ※写真はイメージ(gettyimages)

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数
※写真はイメージ(gettyimages)

あわせて読みたい

  • 内田樹「トランプ敗北は米民主制が機能していることの証明かもしれない」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「トランプ敗北は米民主制が機能していることの証明かもしれない」

    AERA

    11/18

    内田樹「政治家の『屈辱感を与えて鼻先で冷笑する話法』は誰も幸福にしない」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「政治家の『屈辱感を与えて鼻先で冷笑する話法』は誰も幸福にしない」

    AERA

    9/9

  • アフガン和平協定は「米国の敗戦」 トランプが宿敵タリバーンに屈した理由を田岡俊次が解説

    アフガン和平協定は「米国の敗戦」 トランプが宿敵タリバーンに屈した理由を田岡俊次が解説

    AERA

    3/12

    トランプ大統領「金正恩と再会談」も? ジョン・ボルトン氏に聞く大統領選

    トランプ大統領「金正恩と再会談」も? ジョン・ボルトン氏に聞く大統領選

    週刊朝日

    10/16

  • 内田樹「どんな法令もそれが制定された歴史的文脈というものがある」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「どんな法令もそれが制定された歴史的文脈というものがある」

    AERA

    5/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す