写真・図版 | 「どこかで見た写真」から抜け出す 水辺の紅葉撮影術〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「どこかで見た写真」から抜け出す 水辺の紅葉撮影術 1/3

辰野清dot.#アサヒカメラ

長野県・志賀高原、木戸池。人気の撮影スポットで、この日は湖面から霧が湧き上がり、朝日に輝いていた。霧だけでも十分に美しいが、手前のヨシを画面に入れてアレンジ。霧とヨシの両方が輝く、光のピークにシャッターを切っている。ヨシの先端のラインが弧を描き、その中心に霧が位置するように、視線が霧に誘導されるようにフレーミングした。経験を積み、地形を覚えることで、このような構図の場所をすばやく探せるようになる■ニコンD800E・AI AF-S ズームニッコール 17~35ミリF2.8D IF-ED・ISO400・絞りf18・30分の1秒・PLフィルター

長野県・志賀高原、木戸池。人気の撮影スポットで、この日は湖面から霧が湧き上がり、朝日に輝いていた。霧だけでも十分に美しいが、手前のヨシを画面に入れてアレンジ。霧とヨシの両方が輝く、光のピークにシャッターを切っている。ヨシの先端のラインが弧を描き、その中心に霧が位置するように、視線が霧に誘導されるようにフレーミングした。経験を積み、地形を覚えることで、このような構図の場所をすばやく探せるようになる■ニコンD800E・AI AF-S ズームニッコール 17~35ミリF2.8D IF-ED・ISO400・絞りf18・30分の1秒・PLフィルター

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい