写真・図版 | 現代人は“コギャル”をうらやむ? 映画「SUNNY」対談〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

現代人は“コギャル”をうらやむ? 映画「SUNNY」対談 1/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

映画監督 大根仁さん(49、左):1968年、東京都生まれ。代表作に「モテキ」(2011年)、「バクマン。」(15年)、「SCOOP!」(16年)、「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(17年)など/映画プロデューサー 川村元気さん(39):1979年、神奈川県生まれ。主なプロデュース作に映画「電車男」(2005年)、「悪人」(10年)、「モテキ」(11年)、「君の名は。」(16年)。自身の小説『億男』が映画化され10月19日に公開(撮影/植田真紗美)

映画監督 大根仁さん(49、左):1968年、東京都生まれ。代表作に「モテキ」(2011年)、「バクマン。」(15年)、「SCOOP!」(16年)、「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(17年)など/映画プロデューサー 川村元気さん(39):1979年、神奈川県生まれ。主なプロデュース作に映画「電車男」(2005年)、「悪人」(10年)、「モテキ」(11年)、「君の名は。」(16年)。自身の小説『億男』が映画化され10月19日に公開(撮影/植田真紗美)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい