写真・図版 | 「永遠に食べ続けたい」金田一秀穂がべた褒めする豆かんとは?〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「永遠に食べ続けたい」金田一秀穂がべた褒めする豆かんとは? 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
金田一秀穂週刊朝日#人生の晩餐

豆かんてん豆と寒天の上から黒蜜をかけるだけの「豆かん」(470円)。いたってシンプルだが、非常に手が込んでいる。北海道産の赤えんどう豆をじっくり丁寧に、5時間かけて煮込んで作る。煮込みすぎてつぶれない程度に、いかにやわらかく仕上げるかが熟練の技。みつ豆470円、あんみつ570円。持ち帰り用豆かん470円も人気。税込み(撮影/写真部・大野洋介)

豆かんてん
豆と寒天の上から黒蜜をかけるだけの「豆かん」(470円)。いたってシンプルだが、非常に手が込んでいる。北海道産の赤えんどう豆をじっくり丁寧に、5時間かけて煮込んで作る。煮込みすぎてつぶれない程度に、いかにやわらかく仕上げるかが熟練の技。みつ豆470円、あんみつ570円。持ち帰り用豆かん470円も人気。税込み(撮影/写真部・大野洋介)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい