日本に許可取りするより、自作したほうが早い…中国やアメリカで「日本風アニメ」の制作が本格化した事情

声優も作曲家も日本人を起用する徹底ぶり

2022/08/25 19:42

 中国やアメリカで「日本風」のアニメやゲームの製作が本格化している。中国のコンテンツビジネスに詳しい峰岸宏行さんは「日本の人気作を輸入すると権利関係が複雑で面倒なため、自作する動きが広がっている。この状態を放置すると日本のサブカルチャー人気にも影響が出る」という――。

あわせて読みたい

  • 「日本の作品にはもう目もくれない」ドイツ版コミケで感じた

    「日本の作品にはもう目もくれない」ドイツ版コミケで感じた"中国ゲーム"のすごい勢い

    プレジデントオンライン

    9/7

    テラハ、こんまり…「日本ならではの視点」が世界で新鮮にうつるワケ

    テラハ、こんまり…「日本ならではの視点」が世界で新鮮にうつるワケ

    AERA

    3/13

  • 「鬼滅の刃」に迫る勢い!急成長する韓国発スマホ漫画「ウェブトゥーン」

    「鬼滅の刃」に迫る勢い!急成長する韓国発スマホ漫画「ウェブトゥーン」

    週刊朝日

    12/31

    優秀な日本人をヘッドハンティング? 国際化進む「東京ゲームショウ」の舞台裏

    優秀な日本人をヘッドハンティング? 国際化進む「東京ゲームショウ」の舞台裏

    AERA

    9/26

  • 韓国エンタメがNYを席巻、サブカルに追いやられた日本の逆襲は?

    韓国エンタメがNYを席巻、サブカルに追いやられた日本の逆襲は?

    dot.

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す