「ジェンダー平等では選挙に勝てない」は真っ赤なウソ…野党惨敗の本当の理由

"意識高い系"の言葉では響かない

岸田政権

2021/11/09 11:50

 先の衆院選では自民党が絶対安定多数を確保し、ジェンダー平等の実現を掲げた野党が敗北しました。そのことから国民はジェンダー平等に無関心だったと結論づけるような報道も。しかし、ジェンダー問題を研究する大正大学准教授の田中俊之さんは「それは真っ赤なウソ」と指摘します──。

あわせて読みたい

  • ジェンダー平等は“余裕のある人の趣味”? 野党共闘で勝てなかった理由は本気度
    筆者の顔写真

    北原みのり

    ジェンダー平等は“余裕のある人の趣味”? 野党共闘で勝てなかった理由は本気度

    dot.

    11/16

    日本の「夫婦同姓」先進国では“特異な規定” 改姓手続きのコストで「日本の生産性が損なわれている」

    日本の「夫婦同姓」先進国では“特異な規定” 改姓手続きのコストで「日本の生産性が損なわれている」

    AERA

    3/18

  • フェミ色の薄い維新の圧勝だった 野党共闘が負けた選挙後に私たちが一番恐れていること
    筆者の顔写真

    北原みのり

    フェミ色の薄い維新の圧勝だった 野党共闘が負けた選挙後に私たちが一番恐れていること

    dot.

    11/2

    小島慶子「誰も取り残さない社会のために、苦しむ人のために働いてきた人にこそ政治を任せたい」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「誰も取り残さない社会のために、苦しむ人のために働いてきた人にこそ政治を任せたい」

    AERA

    8/3

  • 反対派わずか14%も進まぬ日本の「選択的夫婦別姓」 「他人が幸せになる制度」に抵抗する理由は

    反対派わずか14%も進まぬ日本の「選択的夫婦別姓」 「他人が幸せになる制度」に抵抗する理由は

    AERA

    3/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す