「アクティブ・ラーニング」で教育が変わる? 乳幼児期からできることとは(前編) (1/4) 〈出産準備サイト〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「アクティブ・ラーニング」で教育が変わる? 乳幼児期からできることとは(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「アクティブ・ラーニング」ってどんなこと?

「アクティブ・ラーニング」ってどんなこと?

文部科学省初等中等教育局幼児教育課(取材時)の沓澤進さん

文部科学省初等中等教育局幼児教育課(取材時)の沓澤進さん

新宿区立四谷第六幼稚園副園長の児玉勝枝先生(現・落合第三幼稚園副園長、4月1日転任)

新宿区立四谷第六幼稚園副園長の児玉勝枝先生(現・落合第三幼稚園副園長、4月1日転任)

大阪府堺市の北花田こども園 森本優子園長

大阪府堺市の北花田こども園 森本優子園長

こちらがセレクトボード。自分が使用する遊具のマスに自分の名前のマグネットを付けることで、どの子がどの遊具で遊んでいるかが一目で分かるようになっています。セレクトボードとサークルタイムは、オランダ発祥のピラミッドメソッド幼児教育法をもとに、北花田こども園の実情に合わせてアレンジの上、実施しています

こちらがセレクトボード。自分が使用する遊具のマスに自分の名前のマグネットを付けることで、どの子がどの遊具で遊んでいるかが一目で分かるようになっています。セレクトボードとサークルタイムは、オランダ発祥のピラミッドメソッド幼児教育法をもとに、北花田こども園の実情に合わせてアレンジの上、実施しています

 大人になったら、どんな仕事に就くのかな? 幸せな人生を送れるかしら? わが子の将来を考えると、パパ、ママの期待や心配はつきません。その一方で近年、急激に進むグローバル化、高度情報化によって、わたしたちの生活や仕事のあり方は変わりつつあります。それに伴い、子どもたちが受ける教育もまた、大きな変革期を迎えようとしているのをご存知でしょうか。

 ポイントとなるのは「アクティブ・ラーニング」という新しい考え方を取り入れた指導方針。来年には保育園、子ども園、幼稚園などの幼児教育の現場で始まり、2020年には、小学校の授業でも取り入れられることになっています。

 そこで今回は子どもがそんな新しい教育法にいちはやく馴染み、将来の学校生活を楽しんでいけるように、パパ、ママとして今から知っておきたい「アクティブ・ラーニング」について学んでみたいと思います。

●「アクティブ・ラーニング」ってどんなこと?

「アクティブ・ラーニング(主体的、対話的で深い学び)」は、この春改訂された新学習指導要領で、学校教育への導入が示された教育方針です。保育所、幼稚園、認定こども園など、幼児教育を行う施設でも、2018年度から遊びの中で、アクティブ・ラーニングのための基本的な生活習慣を指導していくことが提唱されています。

 まずは文部科学省初等中等教育局幼児教育課(取材時)の沓澤進さんに、その概要と幼児教育へ導入される理由、教育内容の変化について伺いました。

――まず、アクティブ・ラーニングとはどのような教育方針なのか、教えていただけますでしょうか?

 これまでの学校教育では、「何を学ぶか」という知識・技能の中身や量が重要視されてきました。これに対して、アクティブ・ラーニングは、「どのように学ぶか」といった一人ひとりの学び方に注目して、「主体的、対話的で深い学び」について指導し、生涯にわたって学ぶ力を身につけるよう指導していこうというものです。

 子どもたちが、学ぶことの楽しさを知り、興味のあることを自分なりのやり方で深く学び、そこで感じる疑問を自分で解決できるようになることが、この教育の目標です。これまでは「知識」や「技能」を教えてきた学校で、「学ぶ姿勢」も指導していくのは、かつてないほどの大きな教育改革と言えるでしょう。

――なるほど。では、なぜ今、そういう新たな方針を打ち出すことになったのでしょうか?

 グローバル化、IT化が進み、AI(人工知能)が目覚ましく進化する現代社会では、知識・技能がすぐに時代遅れになってしまうという現実があります。ですから知識・技能を知っているだけでは、仕事や生活に役立てることが難しいのです。

 また、これまでの教育の問題点として、日本の子どもたちは、自分の考えを、論拠を示しながら述べることが苦手だという指摘があります。他の国の子どもたちと比べると、学ぶことの楽しさや意義を実感しにくく、自分が社会の一員として、より良い社会を作っていこうという意識が低いという調査結果もあります。


トップにもどる 出産準備サイト記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい