不妊治療期間中の心の支え 妊活カップルにとって「大切なこと」とは (1/5) 〈出産準備サイト〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

不妊治療期間中の心の支え 妊活カップルにとって「大切なこと」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本亜樹子代表

松本亜樹子代表

●妊活の「悩み」、パートナーと共有できていますか?

 現在、日本では約5.5組に1組の夫婦が不妊症で悩んでいると言われています(※1)。厚生労働省によると、何らかの不妊治療を受けている療患者数は約50万人と推計され、その数は年々、増えているとか。

 不妊は女性の問題と思われがちですが、最近の研究により不妊の原因は女性だけでなく、男性側にもあることが分かっています。WHO(世界保健機関)の発表によると、不妊原因が男性のみにある場合が24%、女性のみの場合が41%、男女ともにある場合が24%―――つまり、男女双方に原因がある場合を加えると、約半分のケースで男性が関係していることになります。しかし、男性にそうした“認識”を持っている方はまだ多くないのが現状です。

 そんななか、ロート製薬は妊活中の4組の夫婦に、妊活の悩みを夫婦互いに共有することで、ふたりで前向きに妊活をして欲しいという想いを込めた8分のムービーを制作しました。まずはこちらをご覧ください。

【ムービー】少しずつ、もっと、家族になろう。| ロート製薬 ドゥーテスト

 動画に登場する4組の夫婦は、同じような悩みを抱える他の夫婦とパートナーを交換して妊活について質問し合い、対話をします。なかなか本当のパートナーとでは話せないことも、他人なら不思議と本音が出てくる出演者たち。終盤では、出演者たちが質問や対話を繰り広げる過程で、自分の本当のパートナーが今どんなことに悩んでいるのか、妻や夫の心に改めて寄り添う様子が描かれています。

●夫婦のすれちがいはどうして起こってしまう?

 誰よりも近い存在だからこそ言えないこと、聞けないことがある……そんな、夫婦のコミュニケーションのずれはなぜ生じてしまうのでしょうか。語り合うこと、コミュニケーションを密に取ることで、そのずれはどのように埋められていくものなのでしょうか。

 2004年の設立以来、数多くの不妊症に悩むカップルを支援してきたNPO団体「Fine」の松本亜樹子代表は、同ムービーについて、「一緒に暮らしているからこそ話せない、二人の微妙な距離感がリアルに表現されています」と評価します。


トップにもどる 出産準備サイト記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい