心のモヤモヤを解消する「バースレビュー」で ママを笑顔に! (後編) (1/3) 〈出産準備サイト〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

心のモヤモヤを解消する「バースレビュー」で ママを笑顔に! (後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
KUNIE(邦恵)
9歳と5歳の子どもを育てるライター兼編集者。生協職員やテレビ番組制作者、新聞記者、保育士などを経て、育児系出版社で10年間雑誌・書籍製作に携わる。妊娠・出産・子育てについては公私ともにずっと関心大。現在はママ向け、保育者向けの取材や教育関連の仕事をしながら、マザーズペンクラブの活動にも積極的に取り組んでいる。

KUNIE(邦恵) 9歳と5歳の子どもを育てるライター兼編集者。生協職員やテレビ番組制作者、新聞記者、保育士などを経て、育児系出版社で10年間雑誌・書籍製作に携わる。妊娠・出産・子育てについては公私ともにずっと関心大。現在はママ向け、保育者向けの取材や教育関連の仕事をしながら、マザーズペンクラブの活動にも積極的に取り組んでいる。

NAOKO(尚桜子)
9歳と5歳の子どもを育てる漫画家。大学卒業後、独学で漫画家に。「別冊マーガレット」でデビューした後、「モーニング」等の雑誌で読み切りや連載を発表。出産後は「たまごクラブ」「ひよこクラブ」等でエッセイ漫画も描く。昨年、初めての妊娠、出産を描いたブログ漫画『助産師さん呼びましょうか?』の1~5巻が電子書籍化され1年間で6万5千ダウンロードを記録。アマゾンKindleのカテゴリー別ランキングで1位に。2015年にはお産トラウマやバースレビューの効果について、自身の経験や取材をもとに漫画で解説した『お産トラウマは怖くない!』を電子書籍でリリース。反響を呼んでいる。

NAOKO(尚桜子) 9歳と5歳の子どもを育てる漫画家。大学卒業後、独学で漫画家に。「別冊マーガレット」でデビューした後、「モーニング」等の雑誌で読み切りや連載を発表。出産後は「たまごクラブ」「ひよこクラブ」等でエッセイ漫画も描く。昨年、初めての妊娠、出産を描いたブログ漫画『助産師さん呼びましょうか?』の1~5巻が電子書籍化され1年間で6万5千ダウンロードを記録。アマゾンKindleのカテゴリー別ランキングで1位に。2015年にはお産トラウマやバースレビューの効果について、自身の経験や取材をもとに漫画で解説した『お産トラウマは怖くない!』を電子書籍でリリース。反響を呼んでいる。

自分の出産を振り返る“バースレビュー”を通し、妊娠、出産を乗り越えた自分のがんばりを認め、自信を持つことで子育てに前向きに取り組む気持ちを育むマザーズペンクラブのワークショップ「バースレビュー・カフェ」。
後半も参加者のママたちの話を聞いていきます。

前半の様子はこちらから。

●つらい経験をしたとしても、その経験がもたらした「いいこと」を見つける!

ママたちの話が終わると、NAOKOさんは紙芝居風の漫画を披露します。彼女の作品である『助産師さん呼びましょうか』から抜粋したショートストーリーは、つわりで苦しむNAOKOさんをいたわろうとした夫が、夕食に○○○○を買ってきて焼きはじめるという内容。天然ボケキャラを感じさせる夫の表情と「さあ、私が夫を許せなかった○○○○ってなんでしょう」というNAOKOさんの質問に、ママたちからは笑いがこぼれ「お魚?」「ホルモン?」と回答が飛び出します。

「正解は、ぎょうざです! 夫は全く悪気がなく、何が私の気にさわったのか理解できなかったんです。でも私にとってはつらすぎる出来事でした」

ところが、このエピソードを漫画にしたところ「NAOKOさんのだんなさんってすごく楽しい人」という感想が多く寄せられたとか。同じ出来事が見方を変えると、こんなに違うとらえ方ができるんだとNAOKOさんは実感したそうです。

「2のステップでしていただきたいことは、いいこと探しです。モヤモヤの原因をポジティブにとらえ直してみましょう。みなさんの当時はつらかった出来事ですが、今になってみると結果的にいいことにつながっているという面はありませんか。シートの真ん中に一番いやだったりつらかったことを書き、その周りにどんないい変化があったか、書き出してみましょう」。

KUNIEさんが記入例のボードを見せると、これまでのやりとりで当時のことをどんどん思い出したママたちは、すぐにいいこと探しをスタート。2枚目のシートに書きをはじめました。

母乳育児がうまくいかなかったことがモヤモヤの種だったIさんは、「粉ミルクだから子どもを夫や母に簡単に預けることができました。飲んだ量がわかるのも安心だったし、腹持ちがよくて夜長く寝てくれるのはありがたかったです」とよかったことをあげました。

つわりがひどく、理解のない夫と出産後に離婚したというNさん。彼女が見つけたいいことは、「体調があまりに悪くて予定より早く実家に帰ったら、親にいたわってもらえて気が楽になり、つわりも治まりました。その間、夫との関係を冷静に考えることができて、離婚に踏み切る決心がつきました。今は早く離婚してよかったと思っています。それに自分がつわりで苦しんだので、マタニティマークをつけた人に優しくなれます」。


トップにもどる 出産準備サイト記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい