知られざる秋田伝統のナマハゲ行事と季節ハタハタ漁

  • 11月の終わりから12月初旬。冬の訪れとともに、秋田の海は大きくしけ始める。海がしけ、雷が海上に轟く。それを合図とするように、ハタハタは深海から大群を成して接岸する(撮影:高橋智史)

    11月の終わりから12月初旬。冬の訪れとともに、秋田の海は大きくしけ始める。海がしけ、雷が海上に轟く。それを合図とするように、ハタハタは深海から大群を成して接岸する(撮影:高橋智史)

  • ハタハタを求め、荒れる海に挑む漁師たち(撮影:高橋智史)

    ハタハタを求め、荒れる海に挑む漁師たち(撮影:高橋智史)

  • 「番屋」で休息をとる漁師たち(撮影:高橋智史)

    「番屋」で休息をとる漁師たち(撮影:高橋智史)

  • 真山の万体仏で、1年に一度行われる「八幡神社祭典」。無病息災と収穫の実りに感謝し祈りを捧げる(撮影:高橋智史)

    真山の万体仏で、1年に一度行われる「八幡神社祭典」。無病息災と収穫の実りに感謝し祈りを捧げる(撮影:高橋智史)

  • ナマハゲの存在は子どもたちにとっても特別な存在だ。ナマハゲは子どもたちを諭し、新たな一年の無病息災を祈願する(撮影:高橋智史)

    ナマハゲの存在は子どもたちにとっても特別な存在だ。ナマハゲは子どもたちを諭し、新たな一年の無病息災を祈願する(撮影:高橋智史)

  • 猛吹雪のなかを練り歩く双六地区のナマハゲ(撮影:高橋智史)

    猛吹雪のなかを練り歩く双六地区のナマハゲ(撮影:高橋智史)

  • 関連記事

    記事本文に戻る
11月の終わりから12月初旬。冬の訪れとともに、秋田の海は大きくしけ始める。海がしけ、雷が海上に轟く。それを合図とするように、ハタハタは深海から大群を成して接岸する(撮影:高橋智史)
ハタハタを求め、荒れる海に挑む漁師たち(撮影:高橋智史)
「番屋」で休息をとる漁師たち(撮影:高橋智史)
真山の万体仏で、1年に一度行われる「八幡神社祭典」。無病息災と収穫の実りに感謝し祈りを捧げる(撮影:高橋智史)
ナマハゲの存在は子どもたちにとっても特別な存在だ。ナマハゲは子どもたちを諭し、新たな一年の無病息災を祈願する(撮影:高橋智史)
猛吹雪のなかを練り歩く双六地区のナマハゲ(撮影:高橋智史)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 年の暮れ。除日の夜に訪れる来訪神の因縁と除夜の鐘

    年の暮れ。除日の夜に訪れる来訪神の因縁と除夜の鐘

    tenki.jp

    12/31

    春の寒暖差を乗り切る秘訣は、「発酵食品」にあり!

    春の寒暖差を乗り切る秘訣は、「発酵食品」にあり!

    週刊朝日

    3/20

  • オホーツク海の海氷 さらに南下か

    オホーツク海の海氷 さらに南下か

    tenki.jp

    1/25

    紋別 昨年より4日早く流氷接岸初日

    紋別 昨年より4日早く流氷接岸初日

    tenki.jp

    2/8

  • えっ!ワニなんて食べるの!? 地域別のユニークな正月料理まとめ

    えっ!ワニなんて食べるの!? 地域別のユニークな正月料理まとめ

    tenki.jp

    1/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す