太古にルーツを持つ木造船でアラビア海に乗り出すインドの漁民

 インド、ムンバイの北西約450キロにあるポルバンダルの港には「ダウ」と呼ばれる木造船がひしめき合っています。すべて漁船で、1カ月ほどかけてアフリカのほうまで航海し、魚を捕ってきます。子どものころにダウに魅せられ、インドを訪れた写真家・前田宏人さんの作品を紹介します。

【関連記事】
「海のシルクロード」に魅せられた少年時代の夢を実現した写真家・前田宏人



あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す