美しい絹織物の原料となる「おカイコさん」の繭をつくる養蚕農家

 宮城県南部の丸森町はかつて養蚕業が盛んで、1000軒を超える養蚕農家がありましたが、いまは5軒を数えるのみ。写真家の海老名和雄さんは養蚕農家に密着して、小さな幼虫からカイコを育て、繭をとるまでを追いました。撮影の途中、台風の豪雨災害によって、大きな被害を受けた様子も丹念に写しとっています。

【関連記事】
絶滅の危機にある養蚕農家と豪雨災害の記録 写真家・海老名和雄




あわせて読みたい

  • 絶滅の危機にある養蚕農家と豪雨災害の記録 写真家・海老名和雄

    絶滅の危機にある養蚕農家と豪雨災害の記録 写真家・海老名和雄

    dot.

    8/15

    二十四節気の「小満」になりました。ところで「しょうまん」って どんな季節でしょうか?

    二十四節気の「小満」になりました。ところで「しょうまん」って どんな季節でしょうか?

    tenki.jp

    5/21

  • 世界遺産登録決定! 富岡製糸場と絹産業遺産群

    世界遺産登録決定! 富岡製糸場と絹産業遺産群

    6/30

    KIK(蚕)は4度寝る!? 七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」

    KIK(蚕)は4度寝る!? 七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」

    tenki.jp

    5/22

  • 美味しく食べて被災農家を支援 「#CookForJapan」特選レシピ20

    美味しく食べて被災農家を支援 「#CookForJapan」特選レシピ20

    1/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す