厳しくも豊かな自然に囲まれて暮すサハリンの人々と残留邦人|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

厳しくも豊かな自然に囲まれて暮すサハリンの人々と残留邦人

 かつて樺太と呼ばれたサハリンには、いまも日本人が暮している。終戦時まで王子製紙の巨大なパルプ工場があったウグレゴルスク(旧恵須取、えすとる)は海や山に囲まれ、豊かな自然が身近に感じられる。現地の人々は秋になるとベリーを摘み、冬には沿岸に押し寄せるシシャモを捕り、保存食づくりに精を出す。そんな自然の幸を日常的にいただく生活を追った写真家・辻田美穂子さんの作品を紹介します。

【関連記事】
旧樺太生まれの祖母の思い出と残留邦人の暮らしを追う写真家・辻田美穂子


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい