【独自調査】今後30年間で震度6弱以上の地震発生確率が高い地域

  • 「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)

    「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)

  • 気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

    気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

  • 気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

    気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

  • 「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)

    「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)

  • 気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

    気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

  • 「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)

    「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)

  • 気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

    気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

  • 「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)

    「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)

  • 気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

    気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

  • 「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)

    「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)

  • 気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

    気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

  • 気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

    気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

  • 気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

    気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)

  • AERA6月7日号から

    AERA6月7日号から

  • 関連記事

    • 震度6弱以上の大地震、30年以内に水戸81%、東京47%…専門家「安心できない地域」とは

      震度6弱以上の大地震、30年以内に水戸81%、東京47%…専門家「安心できない地域」とは

    • 南海トラフ地震と相模トラフ地震の影響も…大地震の確率「太平洋側」高地域に専門家の分析

      南海トラフ地震と相模トラフ地震の影響も…大地震の確率「太平洋側」高地域に専門家の分析

    • 今後30年で震度6弱以上“驚愕”の確率、根室78%、千葉85%、横浜82%、高知75% 地震本部データ

      今後30年で震度6弱以上“驚愕”の確率、根室78%、千葉85%、横浜82%、高知75% 地震本部データ

    写真の記事を読む
「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)
気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)
気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)
「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)
気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)
「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)
気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)
「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)
気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)
「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を示した。また、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計した(AERA6月7日号から)
気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)
気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)
気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計。棒グラフで示した。また、「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を色付け。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、大地震が起きる確率が高まることを示す。全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した(AERA6月7日号から)
AERA6月7日号から
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 堂本光一さんが5月31日発売のAERAの表紙に登場!カラーグラビア&インタビュー3ページも含め、撮影は蜷川実花

    堂本光一さんが5月31日発売のAERAの表紙に登場!カラーグラビア&インタビュー3ページも含め、撮影は蜷川実花

    5/28

    独自調査でわかった「地震が少ない街」 福岡で51地域、北海道で27地域

    独自調査でわかった「地震が少ない街」 福岡で51地域、北海道で27地域

    dot.

    5/29

  • 【全国一覧】地震本部算出 今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

    【全国一覧】地震本部算出 今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

    9/6

    室井佑月 最後まで味方でいることが肝心
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月 最後まで味方でいることが肝心

    週刊朝日

    2/2

  • 都市型大地震が再び迫る 驚愕の地点別震度6以上発生確率

    都市型大地震が再び迫る 驚愕の地点別震度6以上発生確率

    週刊朝日

    1/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す