どこへ行っても人、人、人。インドの裏道、混沌が渦巻く夜の街|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

どこへ行っても人、人、人。インドの裏道、混沌が渦巻く夜の街

 インドを代表する街、ニューデリー、ムンバイ、コルカタ、バラナシ。裏通りへ一歩踏み出せば、けたたましい騒音と埃、悪臭、無造作に置かれた荷物。傾いた街、はがれたペンキ、野良犬がうろつき、牛が這いまわり、ギョロギョロとした人間の目と額がひときわ目立つ。写真家・大山行男さんが写した昔と変わらないインドの街の夜の風景を紹介します。

【関連記事】
富士山写真の第一人者はなぜインドに魅せられたのか 写真家・大山行男が写す「インドの夜」


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい