英語圏リーダーたちが発したコロナ禍での言葉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

英語圏リーダーたちが発したコロナ禍での言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

ステイホーム、ロックダウン。毎日耳にするようになったコロナ禍の言葉。海外報道を多く読むジャーナリストで英語講師の鈴木あかねさんが英語の観点から読み解いた。【英語でコロナを読む必須表現16】もご紹介。

【関連記事】
英語圏リーダーたちの「コロナ禍での言葉」 英語から読み解く各国の事情

AERA 2020年5月18日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい