【写真特集】“変なおじさん”志村けんの早すぎる別れ

  • 志村けん/1950年、東京都東村山市生まれ。74年に「ザ・ドリフターズ」に参加し、「8時だョ!全員集合」にレギュラー出演、数々のギャグや流行語を生み出す。その後、「天才!志村どうぶつ園」などに出演。99年には映画「鉄道員(ぽっぽや)」に俳優として出演した (撮影/倉田貴志)

    志村けん/1950年、東京都東村山市生まれ。74年に「ザ・ドリフターズ」に参加し、「8時だョ!全員集合」にレギュラー出演、数々のギャグや流行語を生み出す。その後、「天才!志村どうぶつ園」などに出演。99年には映画「鉄道員(ぽっぽや)」に俳優として出演した (撮影/倉田貴志)

  • 1985年9月、803回目の放送で幕を閉じた「8時だョ!全員集合」。右から荒井注さん、高木ブーさん、加藤茶さん、いかりや長介さん、仲本工事さん、志村けんさん (撮影/門間一平)

    1985年9月、803回目の放送で幕を閉じた「8時だョ!全員集合」。右から荒井注さん、高木ブーさん、加藤茶さん、いかりや長介さん、仲本工事さん、志村けんさん (撮影/門間一平)

  • 最終回の最後のコントは、定番の「母親vs.悪ガキ」だった (撮影/門間一平)

    最終回の最後のコントは、定番の「母親vs.悪ガキ」だった (撮影/門間一平)

  • おなじみの決めポーズ「アイーン」。「特に意味はない」というものの、強烈な印象を残す (c)朝日新聞社

    おなじみの決めポーズ「アイーン」。「特に意味はない」というものの、強烈な印象を残す (c)朝日新聞社

  • 週刊朝日2001年6月15日号の「マリコのここまで聞いていいのかな」に登場。作家・林真理子さんは「頭のいい方」「セクシーでカッコいい」と感想を述べた (撮影/倉田貴志)

    週刊朝日2001年6月15日号の「マリコのここまで聞いていいのかな」に登場。作家・林真理子さんは「頭のいい方」「セクシーでカッコいい」と感想を述べた (撮影/倉田貴志)

  • 1976年に都内でインタビューに答える志村けんさん (撮影/倉田貴志)

    1976年に都内でインタビューに答える志村けんさん (撮影/倉田貴志)

  • 「person」2001年12月号(朝日新聞社刊)で、歌舞伎俳優の中村勘三郎さん(掲載当時は中村勘九郎、12年死去)と対談を行った (撮影/写真部・張溢文)

    「person」2001年12月号(朝日新聞社刊)で、歌舞伎俳優の中村勘三郎さん(掲載当時は中村勘九郎、12年死去)と対談を行った (撮影/写真部・張溢文)

  • 関連記事

    写真の記事を読む
志村けん/1950年、東京都東村山市生まれ。74年に「ザ・ドリフターズ」に参加し、「8時だョ!全員集合」にレギュラー出演、数々のギャグや流行語を生み出す。その後、「天才!志村どうぶつ園」などに出演。99年には映画「鉄道員(ぽっぽや)」に俳優として出演した (撮影/倉田貴志)
1985年9月、803回目の放送で幕を閉じた「8時だョ!全員集合」。右から荒井注さん、高木ブーさん、加藤茶さん、いかりや長介さん、仲本工事さん、志村けんさん (撮影/門間一平)
最終回の最後のコントは、定番の「母親vs.悪ガキ」だった (撮影/門間一平)
おなじみの決めポーズ「アイーン」。「特に意味はない」というものの、強烈な印象を残す (c)朝日新聞社
週刊朝日2001年6月15日号の「マリコのここまで聞いていいのかな」に登場。作家・林真理子さんは「頭のいい方」「セクシーでカッコいい」と感想を述べた (撮影/倉田貴志)
1976年に都内でインタビューに答える志村けんさん (撮影/倉田貴志)
「person」2001年12月号(朝日新聞社刊)で、歌舞伎俳優の中村勘三郎さん(掲載当時は中村勘九郎、12年死去)と対談を行った (撮影/写真部・張溢文)
関連記事を見る

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す