フォトギャラリー - 写真・図版 | 美味しく食べて被災農家を支援 「#CookForJapan」特選レシピ20|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

美味しく食べて被災農家を支援 「#CookForJapan」特選レシピ20


ピーナツバター【材料】炒り落花生  お好みの量(殻付き落花生200gをむくとだいたい150gくらい。普通に販売されているものが炒り落花生。秋になると生落花生が出回るが、生ではうまくペースト状にならないので必ず炒り落花生を使用すること)【作り方】①	落花生の茶色い薄皮をむく。むきにくい場合は、炒った後でも大丈夫。薄皮付きのままでも出来るが、色が濃くなるのと、薄皮のえぐみが出る場合がある②フライパンや鍋に落花生を入れて弱火にかけ、鍋肌を触らないように気を付けながら、手で混ぜる。手でギリギリ触れることができるくらいの温度になるまで炒る。オーブン130〜150度で20〜30分ローストしても出来るが、炒った方が断然早い。火の強さや鍋の厚さにもよるが、3〜5分で炒り上がる③炒り上がった落花生を液体OKのハイパワーミルや、「ピーナツバター作れます」と記載のあるハイパワーブレンダーで粉砕④15〜30秒できな粉っぽくなる。引き続き、オンオフを繰り返してペースト状になるまで粉砕する。内壁にくっつくので、ヘラでこそげながら続ける⑤だんだん滑らかになってピーナツオイルが滲み、摩擦熱で湯気も出る。ザラついて見えても、味見をして滑らかになっていれば出来上がり。かなり熱くなっているので、味見の際は舌を火傷しないよう注意を。この状態でも十分香ばしく、甘さもあって美味しいが、お好みで砂糖や塩を入れてもOK。トーストに塗ったり、ピーナツ和えにしたり、料理にも活用出来るほか、練りごまの代わりとしても使える。煮沸したビンに入れて常温で1カ月くらい日持ちする。トーストに塗る場合など、パン屑が入らないように気を付けること。冷蔵庫に入れると固くなって塗りにくいが、湯せんしたり、しばらく常温に置いたりしてもどすとよい【レシピの投稿者】古谷真知子さん。東京都台東区にて、0歳からの子どもと保護者向けの料理と食育の教室「食育教室おやこキッチン」を主宰

ピーナツバター
【材料】
炒り落花生  お好みの量(殻付き落花生200gをむくとだいたい150gくらい。普通に販売されているものが炒り落花生。秋になると生落花生が出回るが、生ではうまくペースト状にならないので必ず炒り落花生を使用すること)
【作り方】
① 落花生の茶色い薄皮をむく。むきにくい場合は、炒った後でも大丈夫。薄皮付きのままでも出来るが、色が濃くなるのと、薄皮のえぐみが出る場合がある②フライパンや鍋に落花生を入れて弱火にかけ、鍋肌を触らないように気を付けながら、手で混ぜる。手でギリギリ触れることができるくらいの温度になるまで炒る。オーブン130〜150度で20〜30分ローストしても出来るが、炒った方が断然早い。火の強さや鍋の厚さにもよるが、3〜5分で炒り上がる③炒り上がった落花生を液体OKのハイパワーミルや、「ピーナツバター作れます」と記載のあるハイパワーブレンダーで粉砕④15〜30秒できな粉っぽくなる。引き続き、オンオフを繰り返してペースト状になるまで粉砕する。内壁にくっつくので、ヘラでこそげながら続ける⑤だんだん滑らかになってピーナツオイルが滲み、摩擦熱で湯気も出る。ザラついて見えても、味見をして滑らかになっていれば出来上がり。かなり熱くなっているので、味見の際は舌を火傷しないよう注意を。この状態でも十分香ばしく、甘さもあって美味しいが、お好みで砂糖や塩を入れてもOK。トーストに塗ったり、ピーナツ和えにしたり、料理にも活用出来るほか、練りごまの代わりとしても使える。煮沸したビンに入れて常温で1カ月くらい日持ちする。トーストに塗る場合など、パン屑が入らないように気を付けること。冷蔵庫に入れると固くなって塗りにくいが、湯せんしたり、しばらく常温に置いたりしてもどすとよい
【レシピの投稿者】
古谷真知子さん。東京都台東区にて、0歳からの子どもと保護者向けの料理と食育の教室「食育教室おやこキッチン」を主宰



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

html":$uri}@@@
あわせて読みたい あわせて読みたい