【特集】東名阪の弱点 浸水する駅171

【東京都23区浸水エリア】国土地理院ハザードマップポータルサイトの「重ねるハザードマップ」をベースに、洪水と津波による浸水想定エリア、主なアンダーパス(地下道)を表した。地図上の青く色分けした部分が洪水、車線部分が津波によって想定される浸水エリア、▲(黄色)はアンダーパス(出典:ハザードマップポータルサイト)(AERA 2019年9月9日号より)※拡大はこちら
【東京都23区浸水エリア】<拡大版>(AERA 2019年9月9日号より)※東京23区浸水リスクのある駅・地下はこちら
【東京都23区浸水エリア】浸水リスクがある駅・地下(AERA 2019年9月9日号より)※横浜浸水エリアはこちら
【横浜浸水エリア】(AERA 2019年9月9日号より)※横浜浸水リスクのある駅間と駅はこちら
【横浜浸水エリア】浸水リスクがある駅間と駅(AERA 2019年9月9日号より)※名古屋浸水エリアはこちら
【名古屋浸水エリア】(AERA 2019年9月9日号より)※名古屋浸水リスクがある駅はこちら
【名古屋浸水エリア】浸水リスクがある駅(AERA 2019年9月9日号より)※大阪浸水エリアはこちら
【大阪浸水エリア】(AERA 2019年9月9日号より)※大阪浸水リスクのある駅はこちら
【大阪浸水エリア】浸水リスクがある駅(AERA 2019年9月9日号より)
主な危ない地下街(AERA 2019年9月9日号より)
【水害に役立つアプリ】重ねるハザードマップ(AERA 2019年9月9日号より)ダウンロードはこちらから
【水害に役立つアプリ】ハザードチェッカー(AERA 2019年9月9日号より) ダウンロードはこちらから
【水害に役立つアプリ】NHKニュース・防災(AERA 2019年9月9日号より)ダウンロードはこちらから
【水害に役立つアプリ】Yahoo!防災速報(AERA 2019年9月9日号より)ダウンロードはこちらから
【水害に役立つアプリ】東京都防災アプリ(AERA 2019年9月9日号より)ダウンロードはこちらから
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 新型コロナと自然災害 今こそ確認しておきたい避難方法(第1弾)~ハザードマップ確認編~

    新型コロナと自然災害 今こそ確認しておきたい避難方法(第1弾)~ハザードマップ確認編~

    tenki.jp

    5/12

    災害時に役立つ、ハザードマップやタイムラインとは?

    災害時に役立つ、ハザードマップやタイムラインとは?

    tenki.jp

    3/11

  • 水害に「今まで大丈夫だった」は通用しない 埼玉、東京、福岡…浸水リスクが高い自治体

    水害に「今まで大丈夫だった」は通用しない 埼玉、東京、福岡…浸水リスクが高い自治体

    AERA

    7/7

    浸水想定区域に住む人は3500万人 神奈川、滋賀などベッドタウンで「住む場所なくなり浸水想定区域に」

    浸水想定区域に住む人は3500万人 神奈川、滋賀などベッドタウンで「住む場所なくなり浸水想定区域に」

    AERA

    8/28

  • 豪雨で水が一気に地下に流れ込む? 東京で浸水リスクが最も高い駅は…

    豪雨で水が一気に地下に流れ込む? 東京で浸水リスクが最も高い駅は…

    AERA

    9/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す