【写真特集】「ムンク展-共鳴する魂の叫び」の作品を特別公開|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【写真特集】「ムンク展-共鳴する魂の叫び」の作品を特別公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

「叫び」で知られるノルウェー出身の画家ムンクは、何かにつけて心情を書きつけ、「自撮り」もするこじらせ男子だった。80歳で天寿をまっとうするまで独身を貫いたムンクの生涯をたどった。

「ムンク展─共鳴する魂の叫び」は東京・上野の東京都美術館で2019年1月20日まで開催

写真= (c)Munchmuseet

【関連記事】
女性問題で指を撃ち落とされる? 「叫び」のムンクの意外な素顔とは

AERA 2018年12月24日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい